Kepple Engineer Recruit Site

ケップル開発部エンジニア,本音座談会ケップル開発部エンジニア,本音座談会

CROSS TALK
ケップル開発部エンジニア
本音座談会

えらんだ理由は?
どんな人が向いている?
仕事は大変?

自分たちも中途入社した開発部の3人に、
掛け値なく話してもらいました。

  • 丸山 諒介

    丸山 諒介

    2019年入社。エンジニア。開発基盤の拡充、開発環境の整備・仕組みづくりを担当。

  • 小須田 泰貴

    小須田 泰貴

    2019年入社。システムエンジニア。「株主総会クラウド」の主にフロントエンドの開発業務を担当。

  • 西田 智朗

    西田 智朗

    2020年入社。フロントエンドエンジニア。「FUNDBOARD」のフロントエンド、バックエンドの開発業務を担当。

エネルギーと包容力の絶妙なバランス。
会社も技術も自分自身も、気負わずに伸びていける環境に惹かれて

まず、ケップルを選んだ理由を教えてもらえますか?

丸山大学卒業後に3年ほどエンジニア経験を積みまして、いろんな現場をみたいと転職を考え出したんですね。当時ケップルのことは知らなくて、転職活動中に初めて知りました。それまで受託のシステム開発会社にいたこともあり、自社開発のプロセスや技術に興味をもっていましたので、ケップルのフロントエンドまわりの技術やプロダクトを見て面白そうだな、と。スタートアップ企業というのもポイントで、面接でお会いした幹部に若い企業ならではの熱さみたいなのを感じて、入社しました。

西田以前はWEB制作会社でサイトの制作、HTMLのコーディング等に従事していました。WEBサイト制作は見た目を整えるポスター制作に感覚が近いのですが、ユーザーが見るだけじゃなく実際に使えるソフトウェアの開発などにエンジニアとしての関心が徐々に移っていったんですね。ケップルは使用している技術が自分のやりたいことに近くて、興味をもちました。

小須田僕はふたりとちがって、大学中退後にアルバイトをしたり、フリーのアマチュア芸人をしたり、ニートをしたり…、ちょっと異色の経歴です(笑)。学生時代に情報科学を学んでいたので時間があるならコード書きなよと同級生の会社でアルバイトしたのがエンジニアの一歩で、その時は受託でしたから開発するにも、時間優先、進行優先。もっときれいにコードを書きたい、深掘りしたいと感じても叶わない不全感があり「自社開発」に絞って会社を探してケップルに出合いました。自社開発なら保守運用の部分まで考えてつくっていかないといけないので、じっくり取り組むことができる…というのはちょっと建前の部分もあって、面白そうな会社だとノリと直感で入社した面も(笑)。

丸山・西田(笑)

丸山ケップルはスタートアップ企業なので、自分の技術でケップルの成長に貢献できるんじゃないかと感じられるのも大きくないですか? 世の中の新しいことはスタートアップから生まれることも多く、たとえば生活がどんどん豊かになる、効率化されるといった風に、社会に少しでも寄与できるのはエンジニアとしては好奇心が刺激されます。

西田スタートアップの熱も蓄えつつ、それでいて熱すぎないというか絶妙な温度感ですよね、ケップルって。面白い人も多いけれど距離感が適切。変にテンションが高すぎたり、強制に近い一体感がある社風でもないから、疲れない(笑)

小須田普段はマイルドでフレンドリーなのに、技術面、モノづくりの話になるとカチッとスイッチが入ったように真面目になったり。なおかつ固すぎない寛容さ、程よくゆるさもただよってる不思議なメリハリが個人的に好きです。僕は会社員経験がなかったので社会活動自体に不安があったりしたんですが、みんなが適宜教えてくれたり、フォローしてくれたり。後から入ってもなじみやすい点も良いところだと思います。

エネルギーと包容力の絶妙なバランス。,会社も技術も自分自身も、気負わずに伸びていける環境に惹かれて

「やらなくては」から「やってみたい」へ。
今までにない、エンジニアとしての手ごたえを感じる日々。

どんなときにエンジニアとして仕事の手応えを感じますか?

丸山私は開発基盤の拡充や環境整備といった土台づくりを担当しています。サービス全体を支えて品質を担保するために、たとえばこれまで手動で行っていたテストを自動に切り替えるといったふうに、プロダクトの品質向上、他の開発者たちの生産性向上を支えていく役割です。進捗とともに開発人数が増えたり、環境が変わっていくプロジェクトやサービスの未来を頭に描いて動いていくので、考えなくてはならないことも多いんです。時間も手間もかかる仕事ですぐに完璧な結果には結びつかないけれど、ゴールに一歩一歩近づいていく手応えがとてもうれしいです。

西田どんどん基盤を整えてくれて、良い環境で作業すすめていけるって、この規模のスタートアップ企業ではなかなかできないこと。新しい技術を使って開発していけているのはエンジニアとして幸せでありがたいです。

丸山けっして大きな会社ではないけれど、クオリテイのあるプロダクトをきちんと生み出して社会に届け、その品質を担保していこうというのはケップルの特徴ですよね。以前自分が担当した開発が完成して、ニュースリリースの記事として発表された時に、「これ作ったの俺だ!」と達成感というか、そうやって記事になって世に出ていくものを作ったんだと感動を覚えましたね。

小須田そして社会から感じるリアクションもやりがいにつながります。CS(カスタマーサクセス)チームが開発サイドにもこまめに情報共有してくれる会社なので、ユーザーの喜びの声や実際に使っている状況など便利だというような声を聞けるのがうれしいですよね。作ったものをちゃんと使ってくれてるんだと肌で感じられます。

西田売り上げの数字や新しい大きな契約が取れたことなんかも、開発部の耳にもきちんと入ってくるのは仕事のモチベーションになりますよね。作ったものが認められたんだと、よっしゃ!と(笑)。

風とおしのよい社風が、良いプロダクトを産み、モチベーションにつながる、と。他にどんな点に魅力を感じていますか?

丸山プロダクトやサービスの開発にはいろいろな立場の人間が関わりますが、エンジニアが裁量をもって考えの打ち出しができ、プロダクトに反映できるのはケップルの魅力のひとつだと思います。

小須田決まった仕様書や要件に従ってただただ作るだけじゃなく、プロダクトマネージャーやカスタマーサクセスからのオーダーに対して開発側としても意見を出して、提案・相談しながら練って作り上げられるので、システム開発者として手応えを感じやすい環境ですね。

西田意見をだせる空気感じゃない会社や現場は結構ありますから(笑)。ケップルでは議論を重ねてより良い道をさぐるので働きやすいですよね。もちろん時間やリソースが足りないには足りない面はあるけれど、その不足は不足としてできる範囲で無理なくやっていこうという会社なので、健やかな気持ちで働けるのがうれしいです。

小須田基本的にNOと言われない点もいいですよね。技術的なことでもなんでも、まずやってみなよ、と個人の意見や希望を尊重してくれます。挑戦することに肯定的な会社で、だめだったらだめでいいよ、と。自分の興味にそった仕事をふってくれるし、技術的な面、ポジション的な面で挑戦しやすいのはエンジニアとして幅が広がるメリットです。まだ会社として若いぶん、開発のフローや仕組みもいい意味で未確定な部分があるので、自分で仕組みづくりに挑戦したり、問題解決に奮闘できる点は間違いなくやりがいです。

「やらなくては」から「やってみたい」へ。,今までにない、エンジニアとしての手ごたえを感じる日々。

今ある良さはそのままに、ケップルの成長を楽しみ続けたい

これからケップルで実現したいことはありますか?

丸山開発の規模模を大きくしていきたいです。具体的にはもっと開発スピードを出したい、使えるリソースを増やしたい気持ちがあり、規模感を大きくしていくなかで環境整備や基盤拡張といった下回りを自分がしっかりと支えたいです。

西田近い目標としては自分の担当しているバックエンドをもっと充実させたい。未来的な視点では現時点でプロダクトは「FUNDBOARD」と「株主総会クラウド」の二大軸ですが、これから他のプロダクトを生み出していけたら、エンジニアとしても会社としても未来の選択肢や可能性が広がると思っています。新しい何かを作り出したいですね。

小須田僕は「おぉ、あれを作っているエンジニアですか。すげぇ、まじっすか!」と言われたい(笑)。それには会社やプロダクトの認知度をもっとあげていける良い仕事をして、「ケップルのエンジニアってすごい」と、他社から思われるような会社、開発チームにしていきたいと日々思っています。

そんな未来にむかって、日々心がけていることはありますか?

小須田コミュニケーションですかね。エンジニアはチーム戦だと捉えていて、一人ではうまくいかないことも、チームとして力を合わせれば解決できるのが醍醐味。いざという時に気持ちよく助け合えるチームをめざして、良い関係づくりを大事にしています。部内のチャンネルでの発言に頻繁にスタンプを押したりと、地道にリアクションしたり(笑)。

丸山新しい技術に出会ってワクワクするとか、興味をもったらちょっとやってみる、まず手を動かす。仕事に役立つからじゃなくて、そういう素直な心は忘れたくないですね。結果的に仕事上のエンジニアとしての成長にもつながると思うので、大事にしていきたいところです。

西田「技術、コンピューターが好き」という初心は僕も忘れたくない。新しいことをどんどんキャッチアップしていきたいし、またしていかねばとも思っていますが、それは僕個人だけじゃなく開発部全員に共通している姿勢だと思います。

今ある良さはそのままに、ケップルの成長を楽しみ続けたい

会社ののびしろに、自分ののびしろをシンクロさせたい人には最高の環境

最後に、どんな人がケップルのエンジニアとして活躍できると思いますか?

丸山まずは何よりコンピューターや技術が好きな人。そしてスタートアップが好きな人でしょうか。新しいことにワクワクする人、エンジニアとして何か冒険したいと思っている人はかなり楽しめる職場です。

西田自由で、エンジニアも尊重される会社なので、裁量をもって開発したいと思っている人や、プロダクトへのこだわりを実現したい人が向いていると思います。そのぶん自分次第となる面も多いので、教えられるのを待つより、自分で調べたり他のエンジニアと相談して改善策を探るような、「自走力的」なものがある人には活躍できる環境ですね。

小須田チャレンジが好きな人はたまりませんよね。逆に毎日同じことをしたい、指示通りにだけ動きたい、という人はむかないかも。今は具体的に思い描いていなくても、物事に向かいあうときに「もっとこうしたいな」と思うような人はかなり活躍できる職場だと思います。

全員ケップルの個性に興味をもった方と、一緒に働ける日を楽しみにしています!

KEPPLE
CREATE THE NEXT

JOB OPPORTUNITIES
ENTRY