Kepple Engineer Recruit Site

石野 純

MEMBERS
INTERVIEW
エンジニア石野 純

大手SIerからエンジニアとして自ら手を動かして成長できるスタートアップへ

石野さんはもともと大手企業でエンジニアとして働かれていたそうですが、ケップルへ入社したきっかけは何だったんですか?

新卒では大手SIerへ入社して、エンジニアとして勤務していました。そこでは自社サービス(IaaS・DasS)の提案・導入・運用を担当していましたが、実際はグループ会社のマネジメント業務が中心となっていました。実務を通じてはエンジニアとしてのスキルを上げることは難しく、知識が浅い状態でマネジメントすることに違和感を感じはじめました。こういった状況を改善するために自身が手を動かしてスキルが磨ける環境へ身を置くことに決めました。

ケップルに決めた理由としては、ビジョンへの共感が挙げられます。エンジニアとして新しいサービスや機能をリリースすることに関わっていきたい想いがありました。そういった観点からケップルが掲げている『世界に新たな産業を』というビジョンは共感する部分が強くありました。

次に、豊富な開発経験を積めそうだと感じたことです。カジュアル面談でCTOの山下やマネージャーの池浦から開発体制などの詳細を伺う中で、実務経験の浅い自分がジョインしてもうまくやっていくことができそうだと感じられたことが大きかったです。

『世界に新たな産業を』というビジョンを通じて描いている世界観は、スタートアップの中でもかなり大きそうですね。入社してから感じた社内の雰囲気はどうでしたか?

裁量を与えられている社員が多く、熱意を持って仕事へ取り組んでいる方が多いですね。開発においても技術選定や仕様の調整など、開発者一人ひとりに委ねられています。加えて、会社やプロダクトを良くしていこう!という一人ひとりの熱意が高いですね。自分が関わっているFUNDBOARDについてもユーザーのフィードバックを踏まえてより良い機能は何か?など徹底的な議論をかわす様子を見ていると、一人ひとりの熱意を感じますね。一人ひとりがやることがシッカリと決まっていて、結果を出すために努力しているように感じます。大企業だと仕事に情熱を持って臨んでいないような人もどうしてもいますが、そんな人が全然いないのは魅力的ですよね。

スタートアップと大手企業を比べた時に、エンジニアとしてどんなプロダクトづくりに関わるかという熱量には差がありそうですよね。入社されてからはどんな業務に関わられていらっしゃるんですか?

FUNDBOARDのフロント・バックエンドの設計・開発・運用に関わっています。設計・開発という観点からはスプリントごとのタスクや個別開発の対応などを、運用という観点からはリリースや障害対応などを担当しています。チームは開発メンバーが5名程度のほか、デザイナーやビジネス側のメンバーが加わって回している感じですね。

大手SIerからエンジニアとして自ら手を動かして成長できるスタートアップへ

新たな機能をゼロから自分の手で産み出していく

これまでの大企業とはだいぶ規模感も違うスタートアップで働く中で感じているやりがいは?

今までに無い新しい機能をスピード感を持って自分の手でリリースできることにはやりがいを感じますね。ケップルに入社して数ヶ月後にとある資料について自動作成する機能をリリースしました。この機能は実装段階でプレスリリースされたり、実際に多くのユーザーからも使ってもらえる機能となったため、とても嬉しかったですね。誰かがつくった既存機能の改修とは違って、ゼロから自分でつくれる。顧客からのフィードバックを踏まえて、ビジネス側のメンバーと相談したうえで仕様を決めていけるのは面白かったですね。

自分の手でこれを作ったんだ!と言えるのはエンジニアとして嬉しいですよね。一方で入社してから苦労したことなどはありましたか?

入社当時、業務でのWEBアプリ開発が未経験だったこともあり、右も左もわからない状況でほぼ毎日壁にぶつかってました…。当時は結構つらかったですが、周りのエンジニアが親身に相談にのってくれたりして、なんとか壁を乗り越えることができました。

自分でやっていたこととしては、毎日(休日含め)コードを書くようにしていました。筋トレと一緒で続けていると楽しくなるので、好きでやってた感じですね。コード書いていても思い通りにいかないことも多いですが、それがうまくいくように何度も試して、クリアできた時にはRPGのクエストを成功させたような達成感を感じますね。

エンジニアとしてこれからも成長を続けていくために感じられている、ご自身の課題はありますか?

より品質が良いシステムを提供することですね。品質が良いとはまずバグが少ないということです。そのほかにはパフォーマンス(表示スピードが早い)やUXにすぐれていることでしょうか。FUNDBOARDというプロダクトは顧客であるベンチャーキャピタルにとって基幹システムになりつつあります。顧客の業務を止めないシステムにしていくためにもまずはバグが無いシステムをつくりあげることが重要だと感じています。FUNDBOARDの仕様は複雑なため、ビジネス側とも密にコミュニケーションを取り、検討もれが無いようにしていきたいです。想定パターンの漏れを見逃がさないようにすることも開発の仕事だと考えています。

新たな機能をゼロから自分の手で産み出していく

テクノロジーの力で新たな産業を産み出せるエンジニアへ

そうなると、ビジネスサイドのメンバーとも積極的にコミュニケーションを取りながら、顧客が抱える業務への理解を深めていくことも重要になりそうですね。そんなケップルでエンジニアが働くメリットはどこにあると思いますか?

豊富な開発経験を積めることは大きなメリットです。やりたいと言えばフロント・バックエンド、なんならインフラも開発に関わることができます。また、実力以上のタスクも手を挙げれば振ってもらえます。

自身もこれまでやったことの無かったバックエンドをやりたいと手を挙げたら、すぐにバックエンドのタスクを振ってもらえました。正直、軽い気持ちで手を挙げたのですが、地獄を見ました…(笑)それでも何とか1年ほどやっていたら、自分で一通り実装できるようになりました。その時は業務委託で協力してくれている非常に優秀なエンジニアがみっちり教えてくれましたね。

手を挙げれば難しい課題もチャレンジをさせてくれることは苦労もするかもしれませんが、エンジニアとしてはいち早い成長ができそうでいいですね。ケップルにはどんな人が向いていると思いますか?

裁量を持って様々な仕事に挑戦したい人には向いてますね。当然、責任も負いますが、まわりが助けてくれる文化があるので、そういった環境で働きたい人にはおすすめです。逆に向いていないのは主体的に行動できない人ですかね。関係者と積極的にコミュニケーションを取りながら進める必要があるため、まわりに自分の状況をうまく共有できない人は難しいように思います。

ケップルの開発部ではコミュニケーションをシッカリと取ることを大切にされている印象を受けますね。最後の質問となりますが、石野さんがケップルで成し遂げたい目標はありますか?

世界に新たな産業を産み出すために、テクノロジーを通じて新しいサービスをリリースし、ゼロからそれを成長させられるようなポジションを担っていきたいです。エンジニアとしても広い領域(フロント・バックエンドなど)で経験を積みつつ、将来的にはマネジメントポジションも経験していきたいと考えています。技術だけでやっていくにはいつか限界が来ると考えています。前職でもマネジメントをやっていたこともあるので、自分の適性がありそうなそちらの分野でもキャリアを伸ばしていきたいと思っています。

KEPPLE
CREATE THE NEXT

JOB OPPORTUNITIES
ENTRY